ダイエットにおけるポイントとは

ダイエットのやり方は様々ですがどうせならばしっかりとした効果があるものにしたいと考えるのは実に当然な考え方であると言えるでしょう。大原則としては、摂取カロリーを減らす食事系ダイエット法を選ぶことです。つまりは、食べないようにするということでしょう。http://corkswinecobluffton.com/

食事から体に蓄えるカロリーを徐々にではよいので減らしていくことです。そもそもこれがもっとも効果的に減らすことができるようになるでしょう。考え方としてはそれほど難しいことではなく、要するに摂取カロリー<消費カロリーとなります。

摂取カロリーに当たるほうを少なくすることによって、ドンドン脂肪を必要なカロリーに変換してもらっていくという形で脂肪を減らしていくということができるわけです。但し、身体に入る栄養素も大事ですから、当たり前ではありますがしっかりとした栄養素に関しては取るようにした方が良いでしょう。

つまりは、ビタミンとかそうしたことであり、これは不足すると健康に著しく問題が出たりしますので注意が必要になります。ダイエットの時などにはカロリーを削るのが当たり前ではありますが、栄養不足にはならないようにしたほうがよいでしょう。それがベストなことでしょう。

女子力もアップし痩せられました

お菓子が大好きでやめられなかった私ですが、最近その量を控えることが出来るようになりました。その秘密は手作りすること、実際に作ってみると砂糖やバターの入る量が半端じゃないことに気が付きます。これで自家製だからこその甘さ控えめ、市販のお菓子がどうなのか考えると恐ろしくなります。それ以来、食べようとすると頭に浮かんでくるのが量りの上に山盛りになったお砂糖の画像、これだと食べる気は失せていきます。

http://flowentradas.com/

大量に作ったお菓子はすべて自分の胃袋に収められることなく、職場で配ることも多くなったのです。そうすると、女子力が高いと男性たちからの評判もアップしていっています。女子たちだって美味しいお菓子がいつももらえるなら文句も無し、職場での人間関係にも良い影響を与えてくれています。

それでも疲れている時には無性に食べたくなることあり、なので最近はおからやお豆腐を使ったヘルシーお菓子の研究にもはまってきました。自分だけ痩せるとやはりやっかみから敵に回されてしまうので、そろそろ今度はこちらの作り方も同僚の女の子たちに教えてあげることにします。オーブンとか持ってなくても、トースターとかフライパンとか身近にあるもので意外と作れちゃうものです。

家でできるダイエット

産後に実際に私がやってみて痩せた方法です。妊娠中そこまで大幅に体重は増えなかったので、更に少し痩せたいと思い、ダイエットを始めました。

産後1ヶ月は安静にし、そのあとお医者さんからオーケーが出てからスタートしました。赤ちゃんのいる生活の中で自分の時間はあまり取れないし、外に出ることは難しいです。家の中でできるものをと考えて、踏み台昇降運動にたどり着きました。段差のあるところや踏み台を上り下りするだけなのでコツもいりませんしやりたいときにできます。

室内でできるので天気に左右されることもないし、踏み台がなければ雑誌をしっかり束ねたものを使えばいいので揃えるものもなく、お金もかかりません。

子育てをしながらだと長時間やることは難しいので、細切れに行っていました。赤ちゃんが寝たときや機嫌のいいときに2、30分やるところから始めました。

それだけでも体が温まり、心地よい疲労感がありました。赤ちゃんが途中で起きてしまったり泣いてしまってもすぐに中断できるので負担にもなりませんでした。毎日コツコツ続けて、産前よりさらに2kg痩せることができました。今も合間で続けており、キープできているのでおすすめダイエット方です。

痩せられたダイエット方法

私が実際に試して痩せられたダイエット方法です。それは半日断食です。

私がやっていたオリジナルの方法ですが、無理なく5kgほど痩せることができました。私のやり方の紹介をします。朝は起きてすぐ食べることができる体質なので、割としっかりめに食べていました。

そのあとカロリーを使うことを考えて、1日の中で一番ボリュームのある食事をしていたのが朝です。前日の残り物の揚げ物やご飯を食べるときもあれば、パンを食べるときもあります。

甘いものが食べたいときも朝のうちに食べていました。制限はせず、お腹いっぱい食べていました。朝たくさん食べるとある程度満たされてお昼にお腹が空きません。なので自然とお昼の時間がずれました。大体私は15時前後に食べていました。

ここではがっつりとは食べず、軽めの食事をとりました。炭水化物を控えめにして、まだ食べられるかな、くらいの状態で食事を切り上げていました。間食はあまりしませんでしたが、食べたくなったらチョコ数粒やナッツで満足できました。お昼が遅いと夜もお腹が空かないので、自然と食べなくなり、次の食事は次の日の朝になります。これを繰り返すことで無理なくダイエットに成功しまし、キープできています。

なぜ?お腹から脂肪はつくのか

結論から言うと人間に備わったDNAでそうなっているのです。心臓から近い順に脂肪はつき、逆に、心臓から遠い順に脂肪は落ちていきます。なぜ?お腹だけ目立つのか?それは元々腹部には骨がなく、空洞になっているからです。

多くの人がダイエット、ウォーキング等 食事制限と有酸素運動で脂肪を落とそうとしますが残念ながら、無理です。

やらなければならない、体型を変えたいならボディビルをやるべきです!

実際に僕は食事制限と有酸素運動で10kg~15kg「体重」を落としましたが、体形は、大きな洋梨から小さな洋梨になっただけでなりたい体とは程遠い結果になりました。

日本人の多くはボディビルを、「ムキムキ」「バキバキ」になりたいという理由でボディビルを敬遠します。しかし、体形を変えるのは、筋肉を増やす以外方法はないのです!有酸素運動や食事の制限で少しの脂肪は燃えるでしょう、しかしカッコイイ体、きれいでハリのある体を作りたかったら筋肉の量を増やすしか方法はないのです。

YouTube等動画サイトで検索すれば山ほど筋トレの動画を無料で視聴できます。

食事制限や有酸素運動で「体形」は変わりません。今日からまず、体形を変えるために、どこの筋肉を鍛えればよいかを動画で探してみましょう!

私のダイエットについて

私は高校卒業してから今まで人に見られる仕事をしてきたので、絶対に太ってはいけませんでした。

若い頃は何してても何を食べても気にしなくても大丈夫だったのですが、二十代半ばあたりから、食べたら食べた分スタイルに影響するようになってしまいました。

ジムにホットヨガなど通ってみたのですが大体3ヶ月くらい経つと通わなくなりました。

ホットヨガに通っている時は、むくみづらくなったり女性らしい綺麗なラインになっていってよかったです。

ヨガやジムは健康的に痩せて、筋肉をつけつつ締まった体になります。体を動かすのが好きな方には本当にオススメです。

後、私はお風呂が大好きで昔から長い時間半身浴をしていました。

むくみやすい体質の私は、半身浴で汗をかいて余分な水分を排出する半身浴ダイエットが体にあっていて、すごい時で一日2キロも体重が減量していた時もありました。

夜遅い時間に食べたりした時も、寝る前に必ず半身浴して汗を流していたら体重の変動がなかったです。

後は食事にも気をつけていました。最初から炭水化物を食べずに、野菜やスープ類など口にしてから、おかず、炭水化物の順番に食べる習慣を身につけました。

そうすることによって、血糖値を一気に上昇させることなくドカ食いなどは防げました。

これが私の毎日のダイエットを気にした生活です。