洗顔によって生まれた変化

もともと、恥ずかしながら美容にはあまり興味のない方でした。

中学・高校と野外の運動部で、

どれだけ頑張ってケアをしても日焼けをする状況にいたため、

念入りに肌を気遣う習慣がありませんでした。

若いころはそれでも乗り切れましたが、

24歳あたりから徐々に悪い変化が見えてきます。

ニキビの治りが遅い、

シミやシワ、ほくろが増えはじめる、

夜には化粧がヨレヨレになって顔が脂っぽい、

などといった変化です。

さすがに気を遣い始めないとまずいな、と思ったので、

美容に詳しい友人に力を借り始めました。

そして見つかった「やるべきこと」は、洗顔です。

これまでは市販の洗顔料で適当にゴシゴシ洗っていたり、

時間がないときは化粧も落とさずに寝てしまったり…といった有様でした。

ビューティーオープナージェルの効果

これを以下のように改善することになりました。

①帰宅したらすぐにクレンジングバームを使って完全に化粧を落とすこと。

②洗顔は必ず泡立てネットを用いること。しっかり泡を練り、きめ細かな泡で洗うこと。

③優しく洗うこと。ゴシゴシせず、泡を乗せて優しくなでるようなイメージで。

④洗い流す際も優しく行う泡がこと。泡が残らないように注意すること。

⑤すすぎきったら、タオルでポンポンとふき取ること。

当たり前のように見えますが疎かにしていたポイントです。

ここに注意してみただけで、

明らかに肌ツヤに変化が現れました。

基本を怠らずケアすることは大切ですね。