白髪とのお付き合い

私に最初に白髪が見つかったのは、忘れもしない、中学2年生の時だった。しかも1、2本というレベルではなく、耳の後ろ側あたりに数十本、結構びっしりと生えていたらしく、母が「これは放置できない」と四苦八苦しながら抜いてくれたことを覚えている。

http://foire-expo-monaco.com/

所謂、若白髪体質だったのだろう。その後もずっと白髪と付き合い続けていたのであるが、特に20代のうちは白髪染めの使用に抵抗があり、抜くという乱暴な対処法一辺倒だった。

しかし、そんな私も産後の白髪の激増には成す術がなく、30代半ばで遂に白髪染めを定期的に使用するようになった。抜いた翌日は頭痛薬が必要になるほど白髪が増え、もはや抜いて対処できるレベルではないと、遂に観念したわけである。

白髪染めを使うということは、新たな厄介ごとを背負い込むということである。髪は傷んでパサパサするし、染めたところが伸びれば生えてくるのは白髪なわけで、2週間もすれば顔周りと頭頂部が白くなってくる。そして、家で染めようが、美容院に行こうが、お金と時間が白髪のない人より余計にかかることは否めない。かと言って、諦めて白髪の生えるがままにしておけば、実年齢より10歳は確実に老けて見られるだろう。

誰か白髪を黒髪に変えるサプリか何かを発明してくれないだろうか、と切に願うばかりである。