年齢とともに

学生時代は肌の悩みはなく、夜更かししても化粧をしても化粧を落とさないで寝ても、いつも肌には張りがありきめ細やかな肌で悩みなど一つもなく、年を重ねた人は化粧が厚塗りですごいな。と思っていた。

しかし、自分が30歳を超え今じゃ、朝起きた時に根跡がついていると昼過ぎまで落ちないし、シミはどんどん大きくなっていくし、目じりやほうれい線がひどくなりマスクを外した時に操り人形のような線が口元にあり恥ずかしくなる。

http://www.bajloni.com/

肌のきめ細やかさも張りも年々衰えを感じてき焦りすら覚えている。

若いころから日焼け止めやコラーゲンを取ると違ったのかな。

と後悔いすらしている。まだ30代だから大丈夫よ。ときれいな肌よ。と周りに言われても自分自身が一番若い時のは、張りやきめの細かさ、しわの有無を感じているから、説得力を感じない。今からでもと思いコラーゲンドリンクを飲んでみたり保湿をするがそう簡単には変化もでず毎日焦りばかり。コロナの影響でマスクをするから口元はかくれるが、目元のしわがめだってしまいそれはそれでまた気にする。マスクを外した時の口元を見てまだがっかりしてしまう。

肌の衰え、老化、変化はきっといくつになっても女性らしさの自身に繋がるのだろう。と思う。