明治村でも結局一人。いつも一人の私。

結婚してあまりどこも行ってなかったので、車で行ける明治村に行きました。子供の時や子供連れてきたことはありましたが、二人でデートで行ったのは初めてでした。いつもは、フラフラしてるだけでしたが、年になったのでか、一つ一つが意味のあるもので、とても興味が持てました。シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場で結婚しよう!

真夏だったので、抹茶かき氷一緒に食べました。勿論荷物は日傘以外は全部持ってもらっていました。明治らしく昔の因縁があるような怖い絵を見たり、昔の裁判みたいな所や、今までなんでちゃんと見なかったんだろうと思いながら、歴史を語りながら全部回りたくて、急ぎながらも充実して歩きました。教会があり、幻想的できたが、人が多くて写真取るだけになってしまいました。それでも手をつないたり、腕を組んだり、デート気分でした。

するとちょうど足湯があるというので、銭湯嫌いの私も足湯くらいならとゆっくりしました。

その後帝国ホテルに行きたくて急いで靴下を履いて、帝国ホテルに。すごい迫力のホテルで庭も再現されて圧倒していました。写真はたくさん取りました。そして帝国ホテルの中にも入れて初めての体験で驚きました。

すると急に旦那があれ?っていうのです。なんか嫌な予感。財布がない。と。私がほとんどお金持ってるんですが、免許証や保険証が入っていてとても困ります。一人ぼっちで、帝国ホテルの辺で待つ事に。旦那は、色々探しに行ってしまいました。結局私は一人かと。涙が出ました。せめて一緒に探しに連れてってくれればよかったのに。半泣きの状態で、どんどん進んでやりました。

こうなったら一人で全部回ってやると。そしてだいぶたってから旦那から電話があったのですが、頭来たから出ずにさっさと行きました。本当に出かけるとなにかするんです。明治村でも、方向音痴過ぎて、わたしが、地図見て全部先導していました。そしてほとんど回ってもう出口。ようやく旦那が汗だくで追いかけてきました。聞けば足湯のところにおいてあって、忘れ物として届いていたらしいのです。

私はそんなことより一人で行くことになって泣いていました。また一人にした。今まで母子家庭で頑張っていたので、もう一人は嫌でした。謝ってきましたが、いつもの事。その後もう一人にならないように二人ずっとくっついて反対側の旧民家を回りました。絶対に離れないようにビタッとくっついていました。今度はゆっくりもう一回行きたいなと思いました。