くせっ毛の悩みは年齢によって変わる!?

生まれた時からくせっ毛で、頭が、もこもこでした。エメリルオイルの効果が評判以上!私の口コミや最安値通販サイトなど完全暴露!

小学生の頃はくるくるパーマといわれていじられるのが嫌で、

親の反対を押し切ってずっと坊主頭でした。(別の意味でいじられちゃいましたが・・・)

ところが、中学生になると周りの反応ががらりと変わりました。

みんな洒落っ気づいていろいろな髪型を試したくなる年頃になり、

パーマ代が浮いてうらやましいといわれるようになりました。

自分自身の気持ちは相変わらずだったので、

頭のボリュームをいかに抑えるかで毎日格闘しながら学生時代を過ごしました。

大学生になると、髪を切るお金が惜しくなり、半年ぐらい平気でほっておきました。

頭はどんどん大きくなりましたが、くるくる丸まっていってくれるので生活に使用はあまりなく、

貧乏学生仲間からはうらやましがられるようになりました。

次第に自分も、『くせっ毛って意外といいもんだな』と思うようになりました。

社会人になりしばらくすると、髪にたいする感覚が180度変わりました。

目に見えてボリュームが減っていったのです。

まさに、『抜け初めてわかる かみはながーいともだち』を実践していました。

30代後半からは、ボリュームをいかに出すかが毎朝のテーマでした。

50代の今は、むかし邪険にしてごめんなさい、お願いだから抜けないでって感じです。

髪の毛とはやはり長いお付き合いをしなきゃいけないなと実感しています。