口臭の原因や歯磨きのしかたについて

口臭の原因の一つとして、歯を毎日磨いてたとしても汚れは目に見えないところに残っています。きちんと食後や寝る前に時間をかけて歯磨きをしたとしても口の中に汚れは残っています。一つとして、歯周ポケットに汚れが溜まっている場合があります。歯周ポケットとは、歯と歯茎の間にある溝の事をいいます。歯周ポケットと言われる部分に歯磨きやうがいだけではできない汚れが詰まっていることがあり、歯周病を起こす原因ともなります。

ブレスマイルウォッシュ

歯周病とは、口の中の細菌による感染症です。原因になる細菌を増やさないように進為にも、歯磨き粉の選び方や歯磨きの仕方を見直すところから始めませんか。歯ブラシをもつときは強い力が入らないように、鉛筆を握ってもつようにもつペングリップタイプがおすすめです。これは、歯と歯の間を細かく動かしたり、歯ブラシの毛先で磨くのにとても最適です。歯垢といわれるプラークを歯と歯の間を重点的に取ることによって自宅で出来る健康な歯の磨き方をしましょう。

歯の表面や、奥歯を磨くことも大事ですが、時間のある時にでもやってみて欲しいです。やり方はとても簡単です。歯と歯茎の境目をゆっくり丁寧に時間をかけて磨きます。5mm感覚で軽い力で行うことが大事です。

歯医者さんで説明されたり、ネットで調べると45度とありますが、感覚がわからない方もいらっしゃると思います。歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先が入るのが目安です。歯だけに毛先を当てるのではなく、歯と歯茎の境目に当たっているか確認します。毛先が歯茎だけに当たっていると、歯と歯茎の間を磨けないので注意です。また、お家時間が増えたことで、物の整理整頓や掃除も良いですが、お口の中の掃除もこの機会にしっかりとやってみませんか。