口臭は体からのメッセージ

誰かと会話をしていて、ふと気になる瞬間ありますよね。。。

そう、口臭。

自分のものであったり、相手のものであったり、ふわっと気付いてしまう臭い。

どちらの臭いが気になっているのかわかりませんが、自分の口に手を当てて会話をされる方もいますよね。

せっかくのコミュニケーションですから、口元に手を当てず、自分の表情を見せて会話をしたいものです。

口臭には様々な原因があると思います。

・胃腸の調子が悪い

・ストレス

・虫歯

・タバコ、コーヒー等の嗜好品の摂取

・口の渇き

・食事のあと 等々。。。

キラハクレンズ

以前勤めていた会社の上司に、ある日突然、口臭を感じた時がありました。

普段からよく会話をする相手でしたが、タバコとコーヒーで一息入れてきたような匂いではありませんでした。失礼承知で、下水のような臭いでした。

その時は食後かな、ということで自分に納得させましたが、次の日も、また次の日も同じ臭いがするのです。

数か月後、上司の突然の訃報。心臓系の病で倒れました。

今思えば、もともと体に不調な箇所はたくさんある方でしたが、その不調が口臭として表れていたのだと思います。

あの時、口臭を拒否するジェスチャーも、指摘することもしなくて良かったなと思いました。

好きで口臭を放つ人はいないはず。

私もストレスを抱えていた時、自分の口臭が気になりました。

以前の上司の件があったので、その時は、ストレス解消の為にリラックスしたり、好きなことを思いっきりしました。

ストレスから解放された頃には、口臭は気にならなくなっていました。

日頃から嗜好品も摂りますが、コーヒーを飲んだ後は、お水を飲む、もしくは口をゆすぐようにしています。

多少の口臭は、ケア用品でいくらか対応できるかと思います。歯医者でクリーニングも良いですよね。

しかし、自分の周りで口臭が気になる方がいたら、拒否や指摘より、どうか体を労わる方へ目を向けてほしいと思います。