顔のむくみでマスク跡が・・・

毎日マスクをしていて、鏡を見るときもマスクをはずさずマスクを着けた自分の顔を見ているためその状態が当たり前になっています。マスクはお気に入りのものを使っているし、マスクを着けた自分の姿にも見慣れたためそれはそれでいいのですが、マスクをはずしたとき困るのです。

効果あり?ととのうみすとの口コミから解約方法までを完全レビュー!

なぜ困るのかというとマスクの跡が顔にしっかりと残るから・・・。主に紙マスクで起りやすいのは紙マスクにはワイヤー金属が入っているからです。鼻の高さに合わせられるように紙マスクにはワイヤーが入っていることが多いですよね。わたしが使っている紙マスクにもワイヤーが入っていてすごくフィットするのは良いですが、マスクをはずすとマスクの跡がしっかり顔に残るので悩んでいます。

とくに顔がむくんでいる日はマスクの跡がしっかり残ってしまいます。むくんでいないときは跡はつくけどすぐに消えます。午前中はだいたい顔がむくんでいるためマスクを人前ではずすのが恥ずかしいのです。

顔がむくまないように最近は頭を高くして寝ているけど、それでも朝が顔全体がむくんでいるのだから救いようがありません。マスクを着けているときは気分が良いですがマスクを取る瞬間が最近恐ろしいのです。

ダイエットにおけるポイントとは

ダイエットのやり方は様々ですがどうせならばしっかりとした効果があるものにしたいと考えるのは実に当然な考え方であると言えるでしょう。大原則としては、摂取カロリーを減らす食事系ダイエット法を選ぶことです。つまりは、食べないようにするということでしょう。http://corkswinecobluffton.com/

食事から体に蓄えるカロリーを徐々にではよいので減らしていくことです。そもそもこれがもっとも効果的に減らすことができるようになるでしょう。考え方としてはそれほど難しいことではなく、要するに摂取カロリー<消費カロリーとなります。

摂取カロリーに当たるほうを少なくすることによって、ドンドン脂肪を必要なカロリーに変換してもらっていくという形で脂肪を減らしていくということができるわけです。但し、身体に入る栄養素も大事ですから、当たり前ではありますがしっかりとした栄養素に関しては取るようにした方が良いでしょう。

つまりは、ビタミンとかそうしたことであり、これは不足すると健康に著しく問題が出たりしますので注意が必要になります。ダイエットの時などにはカロリーを削るのが当たり前ではありますが、栄養不足にはならないようにしたほうがよいでしょう。それがベストなことでしょう。

白髪よりも髪質や毛量の方がはるかに大事

街中を歩いていると、たとえ白髪が目立っていても、雰囲気が極めて上品で素敵な女性を見掛ける事もあります。ノ・アルフレ

流麗なスタイリングで髪の毛を纏めており、白髪でも髪の毛自体は艶やかに潤っており、まさにロマンスグレーという言葉がピッタリ来ます。こうして見ると、白髪だからみっともなく見える・・・という考え方は実は嘘で、艶やかかつ滑らかな毛質や毛量、髪の毛の太さの方がよっぽど重要だと思う訳です。

かく言う私はまだ年齢も比較的若く、それほど白髪が目立っている訳ではありません。ですが日頃のストレスで髪の毛は痛み、頭皮も荒れ、抜け毛も多くて決して良いコンディションではありません。将来白髪が増えたとしても、ロマンスグレーとはかけ離れたみすぼらしいヘアスタイルになってしまうに違いありません

ヘアケアは大事・・・と普段から色々取り組んではいるのですが、今のところ仕事疲れやストレス、加齢による劣化スピードの方が明らかに早く、中々追い付けていないというのが実情です。

街中で目にするロマンスグレーの素敵な女性の様に、ストレスの一切無い優雅な生き方が出来れば素晴らしいのですが、その域に至るまでにはまだまだ努力とストレスを重ねなければならず、果たして髪の毛が持つのかどうか、心配でなりません・・・

女子力もアップし痩せられました

お菓子が大好きでやめられなかった私ですが、最近その量を控えることが出来るようになりました。その秘密は手作りすること、実際に作ってみると砂糖やバターの入る量が半端じゃないことに気が付きます。これで自家製だからこその甘さ控えめ、市販のお菓子がどうなのか考えると恐ろしくなります。それ以来、食べようとすると頭に浮かんでくるのが量りの上に山盛りになったお砂糖の画像、これだと食べる気は失せていきます。

http://flowentradas.com/

大量に作ったお菓子はすべて自分の胃袋に収められることなく、職場で配ることも多くなったのです。そうすると、女子力が高いと男性たちからの評判もアップしていっています。女子たちだって美味しいお菓子がいつももらえるなら文句も無し、職場での人間関係にも良い影響を与えてくれています。

それでも疲れている時には無性に食べたくなることあり、なので最近はおからやお豆腐を使ったヘルシーお菓子の研究にもはまってきました。自分だけ痩せるとやはりやっかみから敵に回されてしまうので、そろそろ今度はこちらの作り方も同僚の女の子たちに教えてあげることにします。オーブンとか持ってなくても、トースターとかフライパンとか身近にあるもので意外と作れちゃうものです。

ニキビに対することとして

男性でも女性でも当たり前ではありますが、ニキビなどで悩むということがありますのです。ちなみにニキビというのは若い時にはニキビと言うのですがそこそこの年齢になりましたら、これは吹き出物と呼ばれるものになります。

効果はどう?巣顔美人を購入して3ヶ月間飲んでみた私の口コミ!

治す方法なのですが基本的には炎症しているわけですから、これをどうにか沈静化する必要性があります。そのためには薬を利用したりとかあるいはきちんと洗うようにするということが重要になってくるのですが、この洗顔がかなり大変なことでもありますし、注意しないといけないことでもあります。

洗いすぎるということがそれはそれでよくないということは間違いないことになりますから、注意しておいたほうがよいでしょう。洗いすぎるとどういうことが起きるのかといいますと肌の脂というのが落ちてしまうことになります。

脂はないほうがよいのではないだろうか、ということになりますが、脂でギトギトなのもよろしくお願いです全くないというのはそれはそれで保湿力に影響があったりするのでニキビが出来てしまう原因にもなってしまうので注意しておきましょう。ニキビ対策になるクリームなどをしっかりと利用することにもしましょう。意外と効果的です。

今世紀最悪の組み合わせ!~”皮脂”と”乾燥”が共存する私のお肌~

こんにちは。

日々、お肌の皮脂と乾燥に悩まされる大学生Q子です。

「20代!お肌の悩みなんて無いでしょう。お肌綺麗で羨ましいわ~」

なんて言ってくださる優しい方もいらっしゃいますが…

http://www.itf-france.com/

否。

メイクで表面上は取り繕えるかもしれませんが…必死に隠しているだけで本当はお肌の状態、とんでもないです。

まずはTゾーン!

「皮脂!!!!」

朝は必死の洗顔のおかげでいくらかサラサラですが昼過ぎから雲行きが怪しくなり、夕方には…

はい、正直に言います。ベッタベタです。

顔が大汗かいた後並にテカテカします。あれ?フルマラソン走ってきた?って感じです。走ってません。

トイレの鏡でテカリに気付いてはあぶらとり紙でいそいそと拭き取る日々。

ちょっと生活リズムが乱れたりするとニキビなんかもできちゃいます。

そしてUゾーン!

「乾燥!!!!」

シンプルにヒリヒリして痛いです。お風呂上がりは特にひどいですね…

乾燥に加えてかゆみもでてくるので本当に辛い。私何か悪いことしましたっけ?

さて。

皆様お気づきでしょうか。

これ、一人の人間の顔の上で同時に起きてるんですよ。

こっちはテカテカなのにこっちはカピカピ!?

情緒不安定かよ!!

洗顔や保湿は人並みに行っているのですが、肌が弱いこともありこういった肌トラブルに悩まされやすいです…

だ、だれかなんとかして~~~

お肌ちゃんの情緒、安定して~~~

そんなことを願いながら今日もあぶらとり紙と保湿クリームが手放せないQ子なのでした…

荒れない肌に憧れます

元々アトピー性皮膚炎があり、超敏感肌です。
肌のカサツキやくすみが気になっています。乾燥すれば小じわもできやすく、今は毎日どこへ行くにもマスクをつけないと外出できない時代である為、さらに肌荒れが増してしまい悩んでいます。

http://www.hofer-photo.com/

昔から色々なメーカーの基礎化粧品を試していますが、なかなか合うものが見つからず…
10年程前にやっと自分に合っており、安定して使い続ける事の出来る基礎化粧品に出会う事が出来ました。

「リレント」化粧品です。

値段も使用してみた効果も物によってピンキリではありますが、どれを使っても外れはありません。完全無添加である為、使い始めはとても油分が少なく軽い感じがし、少し不安を感じましたが、使っていくうちにだんだんとキメも整ってきた様に感じます。乾燥するとすぐに透明感が失われてしまう為、定期的にコールドクリームやパックを使用し、肌に潤いを与える事に気を使っています。
季節によって肌をこじらせてしまいがちなので、スキンケアはなかなか大変ですが、気長に付き合っていきたいと思える基礎化粧品です。
透明感、ハリのあるお肌に本当に憧れます。
小じわ、クスミ改善方法として、コールドクリームを使用中に顔全体を蒸しタオルで蒸すととても効果があるのではないか?と思い、お風呂に入りながら実践しています。

脂性肌に悩み続け…

私は中学生頃から脂性肌だと自覚し、現在も肌質は変わりません。モイスポイント

お化粧ができなかった中学生のころはすぐに額や鼻の脂がテカり、友達との写真を見返しても自分だけ顔がピカピカしているのがコンプレックスでした。

そして高校生から大学生にかけては、テカりに加えてニキビに悩むようになり自分の肌質が本当に嫌いでした。

常にスキンケアはさっぱり系のもの、ニキビを隠すコンシーラーは必須、ファンデーションも皮脂に強いウォータープルーフ、そして強力なあぶらとり紙をいつも持ち歩く毎日…。それでも朝から一日化粧をした日は、夕方にはドロドロになっていました。乾燥肌の友達が本当にうらやましかった…。そのときはただただ乾燥肌は保湿すれば良いと思っていました。

 ただ25歳を過ぎた辺りから、洗顔後5分ほど何もせず放置していたら、口の周りがつっぱってきたのです!初めての経験だったので、本当にびっくりしました。つっぱったところがヒリヒリするようで痛い。そして化粧水をつけてもすぐ水分が奪われていくような気がしました。

 そこからは自分の肌状態を見直し、カウンセリングを受けたりとより一層気をつけるようになりました。今までどうせテカるから保湿は少なくて良いと思っていましたが、肌質関係なく保湿は大切ということ、夜更かしをしない生活習慣や健康的な食生活も取り入れるようにしました。

その結果なのか、昔に比べて脂性肌が少し良くなった気がします。多少年齢の影響もあると思いますが…。ようやく大人になって自分の肌と向き合って自分の肌質を理解できたような気がします。

いつシミ・そばかす出てきたんですかね。

20代の頃は、肌が綺麗で羨ましいと褒められることも多く、化粧をしなくても血色が良い状態で、肌にニキビなども滅多に出なませんでした。

モイスポイントの効果を暴露!

そのため、日焼け止めやファンデーションもあまり塗っておらず、時々化粧をしても洗い流さず寝てしまうという、お肌に悪影響と言われることばかりしていました。

その様な20代を過ごしていたためか、30代を超えたあたりから、肌がくすみはじめシミ、そばかすが気になり出しました。

また、毛穴もどんどん広がりだし黒いポツポツが鼻の周りにたくさん出てきています。

いつから出始めたのかわかりません。

また、私は20代にはお肌トラブルとは無縁だったためどの様に対処をすればいいのかもお肌を労っていなかったため、勉強不足でした。

毎日、検索をしては良いと言われるものを試してみる、その繰り返しです。

時々あたりの美容液を見つけても数ヶ月使うとお肌が慣れるのか元の状態に戻ってしまい効果がなくなってきます。

改善しては、また気になりといたちごっこのような日々です。

昔の自分に悔やむばかりです。

日焼け対策と保湿だけは徹底してやっておくんだよ!と過去の自分にいいたいです。

今更遅いですが…

今後は改善するように日焼け対策、保湿、優しく洗顔を徹底してお肌を労わります。

【目からウロコ?!】大人ニキビ撃退法の定石はこれだ!

生まれながらの脂性肌、それに新陳代謝の高さ、汗っかきな体質、私はニキビができやすいタイプでした。

FACEEリキッドセラムプラスの効果

思春期になると、おでこをはじめ、あごや鼻の周辺に、ニキビができ始め、随分と悩まされ続けてきました。

チョコレートや脂っこい食べ物を避けるようにして、なるべく顔を清潔に保ち、頻繁に洗顔するようになったのです。

ですが、一向に改善の兆しがないだけでなく、だんだんと悪化していくニキビ。

最初は白ニキビからはじまり、それらは潰すことができるのですが、アクネ菌増殖により、毛穴の内部に炎症が生じると、今度は赤ニキビ黒ニキビへとシフトしていきます。

もうそうなってしまえば、痛いわ、潰せないわ、見た目が最悪だわで、泣くに泣けない状況。

皮膚科に行っても、ステロイドやイオウ含有ローションをいただくだけで、あまり効果はありませんでした。

そんな折、とある皮膚科に行ったとき、毛穴を傷つけることなくニキビの芯である粉瘤を除去すると治りが早く、しかもキレイになるということを知りました。

以来、私は医療用のアクネプッシャー ( 面皰圧出器 )を入手し、ひたすら自己治療を行なってきました。

また、ビタミンを積極的に摂取することと、便秘しないように食物繊維をたくさん食べること、適度に水分を補充すること、あと睡眠時間の確保、必要以上に皮脂を落としてしまわぬよう洗顔の回数を制限するようになりました。

結果、加齢による効果もあったのかもしれませんが、ニキビは徐々に少なくなっていきました。

そして今ではほぼゼロです!

可能であれば、低用量ピルを飲むのが最善の道ですが、生活習慣を変えるだけで、体質改善が図れ、ニキビを撲滅することができると身にしみて実感したのでした。

もし、同じようにニキビで悩まされている人がおられましたら、ぜひ一度、アクネプッシャー ( 面皰圧出器 )での処置と低用量ピルをおすすめいたします!

家でできるダイエット

産後に実際に私がやってみて痩せた方法です。妊娠中そこまで大幅に体重は増えなかったので、更に少し痩せたいと思い、ダイエットを始めました。

産後1ヶ月は安静にし、そのあとお医者さんからオーケーが出てからスタートしました。赤ちゃんのいる生活の中で自分の時間はあまり取れないし、外に出ることは難しいです。家の中でできるものをと考えて、踏み台昇降運動にたどり着きました。段差のあるところや踏み台を上り下りするだけなのでコツもいりませんしやりたいときにできます。

室内でできるので天気に左右されることもないし、踏み台がなければ雑誌をしっかり束ねたものを使えばいいので揃えるものもなく、お金もかかりません。

子育てをしながらだと長時間やることは難しいので、細切れに行っていました。赤ちゃんが寝たときや機嫌のいいときに2、30分やるところから始めました。

それだけでも体が温まり、心地よい疲労感がありました。赤ちゃんが途中で起きてしまったり泣いてしまってもすぐに中断できるので負担にもなりませんでした。毎日コツコツ続けて、産前よりさらに2kg痩せることができました。今も合間で続けており、キープできているのでおすすめダイエット方です。

痩せられたダイエット方法

私が実際に試して痩せられたダイエット方法です。それは半日断食です。

私がやっていたオリジナルの方法ですが、無理なく5kgほど痩せることができました。私のやり方の紹介をします。朝は起きてすぐ食べることができる体質なので、割としっかりめに食べていました。

そのあとカロリーを使うことを考えて、1日の中で一番ボリュームのある食事をしていたのが朝です。前日の残り物の揚げ物やご飯を食べるときもあれば、パンを食べるときもあります。

甘いものが食べたいときも朝のうちに食べていました。制限はせず、お腹いっぱい食べていました。朝たくさん食べるとある程度満たされてお昼にお腹が空きません。なので自然とお昼の時間がずれました。大体私は15時前後に食べていました。

ここではがっつりとは食べず、軽めの食事をとりました。炭水化物を控えめにして、まだ食べられるかな、くらいの状態で食事を切り上げていました。間食はあまりしませんでしたが、食べたくなったらチョコ数粒やナッツで満足できました。お昼が遅いと夜もお腹が空かないので、自然と食べなくなり、次の食事は次の日の朝になります。これを繰り返すことで無理なくダイエットに成功しまし、キープできています。

なぜ?お腹から脂肪はつくのか

結論から言うと人間に備わったDNAでそうなっているのです。心臓から近い順に脂肪はつき、逆に、心臓から遠い順に脂肪は落ちていきます。なぜ?お腹だけ目立つのか?それは元々腹部には骨がなく、空洞になっているからです。

多くの人がダイエット、ウォーキング等 食事制限と有酸素運動で脂肪を落とそうとしますが残念ながら、無理です。

やらなければならない、体型を変えたいならボディビルをやるべきです!

実際に僕は食事制限と有酸素運動で10kg~15kg「体重」を落としましたが、体形は、大きな洋梨から小さな洋梨になっただけでなりたい体とは程遠い結果になりました。

日本人の多くはボディビルを、「ムキムキ」「バキバキ」になりたいという理由でボディビルを敬遠します。しかし、体形を変えるのは、筋肉を増やす以外方法はないのです!有酸素運動や食事の制限で少しの脂肪は燃えるでしょう、しかしカッコイイ体、きれいでハリのある体を作りたかったら筋肉の量を増やすしか方法はないのです。

YouTube等動画サイトで検索すれば山ほど筋トレの動画を無料で視聴できます。

食事制限や有酸素運動で「体形」は変わりません。今日からまず、体形を変えるために、どこの筋肉を鍛えればよいかを動画で探してみましょう!

私のダイエットについて

私は高校卒業してから今まで人に見られる仕事をしてきたので、絶対に太ってはいけませんでした。

若い頃は何してても何を食べても気にしなくても大丈夫だったのですが、二十代半ばあたりから、食べたら食べた分スタイルに影響するようになってしまいました。

ジムにホットヨガなど通ってみたのですが大体3ヶ月くらい経つと通わなくなりました。

ホットヨガに通っている時は、むくみづらくなったり女性らしい綺麗なラインになっていってよかったです。

ヨガやジムは健康的に痩せて、筋肉をつけつつ締まった体になります。体を動かすのが好きな方には本当にオススメです。

後、私はお風呂が大好きで昔から長い時間半身浴をしていました。

むくみやすい体質の私は、半身浴で汗をかいて余分な水分を排出する半身浴ダイエットが体にあっていて、すごい時で一日2キロも体重が減量していた時もありました。

夜遅い時間に食べたりした時も、寝る前に必ず半身浴して汗を流していたら体重の変動がなかったです。

後は食事にも気をつけていました。最初から炭水化物を食べずに、野菜やスープ類など口にしてから、おかず、炭水化物の順番に食べる習慣を身につけました。

そうすることによって、血糖値を一気に上昇させることなくドカ食いなどは防げました。

これが私の毎日のダイエットを気にした生活です。